春の高尾山

2014.4.17
最近の私はただ、自宅と仕事場(200m)の往復だけで運動不足の塊
あまりの不健康な生活を打破?すべく山歩きを
最近高尾山はブームも去り登山客が少ないとの噂も聞いていたので、足慣らしに久しぶり(10年以上)のトレッキング
小仏峠から高尾山を目指そうと歩き始めた
d0016584_11472462.jpg

今年の冬は高尾山にもかなりの雪を降らせた。4月だというのに日陰には雪がまだ残っていた。



d0016584_11501444.jpg
d0016584_11505120.jpg
それでも春、ニリンソウが咲いていた
d0016584_11545472.jpg
新しい林を担ってくれるかな
d0016584_120591.jpg
林の下にはミミガタテンナンショウ
d0016584_1211046.jpg
小仏峠にはなぜか狸の置物
ここから尾根歩きで高尾山へ
d0016584_1241414.jpg
d0016584_1243462.jpg
尾根道には春の日差しがあふれていました
d0016584_1253477.jpg
桜の花びらも
d0016584_1285326.jpg
d0016584_1283464.jpg
そして、スミレの花
d0016584_1211296.jpg
高尾山への道はサクラの道
ただ、ソメイヨシノは終わっているようで、色がくすんでいた
高尾山は右端
春霞がいかにも春の山
d0016584_12144728.jpg
小仏城山へ到着
満開の山桜がお出迎え
茶店で小休止
d0016584_12192313.jpg
茶店の横は春の草花が満開(作られた出来過ぎの風景なのでカメラのアートフィルターを使って演出)
d0016584_1222527.jpg
d0016584_12225363.jpg
d0016584_12223372.jpg
d0016584_12251064.jpg
d0016584_12253753.jpg
花いっぱいの場所でした
d0016584_12265918.jpg
それでは高尾山へ向かいます
d0016584_1228676.jpg
道が立派になっていました
新しい木道に落ちる影がちょっと面白く見えた
d0016584_1230473.jpg
登山客が多くなり土が踏み固められて植物が育たなくなってしまったので登山道の周りを歩くことがないように立派な木道を整備するようです
登山客のマナーが問われます
d0016584_12355031.jpg
杉林が伐採されちょっと面白かったので写真を
d0016584_12365251.jpg
d0016584_12371912.jpg
d0016584_12375456.jpg
そんな明るい所に咲く花たち
d0016584_12391814.jpg
上にはサクラ
d0016584_12401087.jpg
d0016584_12402735.jpg
高尾山へかけてはサクラの道です
d0016584_124334100.jpg
ソメイヨシノは終わってしまっていますが新緑がきれい
d0016584_12441875.jpg
ミツバツツジもきれいでした
d0016584_12453145.jpg
d0016584_12455244.jpg
山桜はちょうど見ごろ
d0016584_12493798.jpg
寄り添って咲く
d0016584_12503025.jpg
d0016584_1252183.jpg
d0016584_12515986.jpg
d0016584_12535914.jpg
d0016584_12555044.jpg
人が多い高尾山山頂は行かず稲荷山コースを通って下山
d0016584_12561162.jpg
途中、初めてキツツキ(コゲラ)の姿を見ました
動画も撮ってみたのでこちらにアップしました
d0016584_1321653.jpg
春の山は木々の芽吹きの色がいろいろできれいです
d0016584_1335572.jpg
常緑樹も新芽が出てます
d0016584_1343663.jpg
高尾山は圏央道のトンネルが貫通して地下水脈が切断され植生が変わると心配されたのですがどうなったのでしょうか
トンネルの上のこの稲荷山コースを歩くと植物の種類が少ないように感じるのですが気のせいかな?
d0016584_1391478.jpg
そろそろ駅、というところにミツバツツジ
d0016584_13101430.jpg
高尾山口の駅近くには真っ赤なシャクナゲが咲いていました
ということで、のんびり山歩きは終了
昔の古傷が痛み、帰りの駅の階段が苦痛と
今の私は高尾山ぐらいがやっと
本格的登山は出来ないなと実感
[PR]
by mdl1993 | 2014-04-17 23:59 | 山歩き
<< ほんのちょっとのローカル私鉄の旅 氷結 >>