尾瀬へ(二日目)

今年の尾瀬は雪が多かったそうで小屋の前は除雪した雪で大きな山。それもこのところの暖かさで目に見えて溶けているそうで…
2015.5.4
d0016584_02235080.jpg




d0016584_02242563.jpg
みんな出かけてしまい、まだ小屋にいるのは我々ぐらいかな
d0016584_02292829.jpg
飛行機雲が現れるという事は天気も下り坂だろうか
d0016584_02303846.jpg
振り返れば燧ケ岳と小屋たち
d0016584_03283898.jpg
行く先には至仏山
(早くも後発のパーティーに追い越されている私)
d0016584_09504417.jpg
まあ写真を撮りながらゆっくり行きます
d0016584_09515805.jpg
山小屋の人によると尾瀬ヶ原の北に位置する景鶴山は積雪期だけ登れるという
朝飯前の簡単な山だとか(そうではないでしょう)
d0016584_10065813.jpg
残雪の稜線がきれい
d0016584_10101795.jpg
残雪は日に日に減っているというがまだ道標は雪の中
後ろの右端の山が景鶴山
d0016584_10143822.jpg
先に見える至仏山の麓まで尾瀬ヶ原を歩きます
d0016584_10321088.jpg
木道の下の水芭蕉を魚眼レンズで無理やり撮ってみる
d0016584_10322002.jpg
安い薄く小さなレンズだが、ピントをきちんと合わせれば近距離から遠景までとても良い写りをするレンズ
小さすぎて持ってきているのを忘れていたが、今日は積極的に使ってみる
d0016584_10445528.jpg
木道の上の雪は昨日と比べても一段と少なくなっているような気もする
d0016584_10471966.jpg
雪解けが進んでいます
d0016584_10484799.jpg
ずっと4人のパーティーとほとんど同じペース
相棒は途中何カ所かで待っていたようだが私が遅すぎて先へ
d0016584_10584714.jpg
一人で小休止
日差しが強くなってきたのでサングラスを
d0016584_10593062.jpg
雪解けが進めば水芭蕉がきれいに咲くのだろうな
d0016584_11001694.jpg
地面が出てきたところには水芭蕉
d0016584_11010969.jpg
木によって違う表情がきれい
d0016584_11015455.jpg
今日も熊の観察をしています
d0016584_11060635.jpg
雪が解けだし水がたまっている造形もなかなか
d0016584_11062194.jpg
小さな魚眼レンズ、水平を真ん中にすれば普通の広角レンズのようにも
d0016584_11063030.jpg
d0016584_11071860.jpg
d0016584_11142078.jpg
この橋を渡ると尾瀬ヶ原もだいぶ狭まってきます
d0016584_11152019.jpg
雪と川の境界線がきれい
d0016584_11172149.jpg
残雪の山もなかなか
d0016584_11172940.jpg
この季節、日差しはとても強い
d0016584_11173914.jpg
至仏山の斜面を望遠で
d0016584_11174731.jpg
この時期はスキーが良いな
d0016584_11230545.jpg
尾瀬ヶ原にはあまり大きな木は無いがこれは大きい ただ幹が無くなっているのは落雷か何かのためだろうか
d0016584_11244727.jpg
この辺りまで来ると山の鼻から途中で引き返す人が多いのか、登山者が多くなる
燧ケ岳はそろそろ見納め
d0016584_11264196.jpg
アジサイのドライフラワー
d0016584_11324596.jpg
春はもうすぐ

山の鼻に到着、尾瀬ヶ原とはおわかれ
昼食をとって鳩待峠へ登ります
d0016584_11425831.jpg
d0016584_11431966.jpg
雪と川 日本画っぽいような

d0016584_11441547.jpg
d0016584_11442680.jpg
d0016584_11443630.jpg
大量の雪解け水が森の中を流れています
d0016584_11444384.jpg
d0016584_11445004.jpg
鳩待峠到着
花豆ソフトが美味しい

一泊二日の尾瀬、シーズン前の静かな山はなかなか良いものでした
でも、また花や紅葉の季節にも訪れたいですね

[PR]
by mdl1993 | 2015-05-04 23:59 | 山歩き
<< 裏高尾 尾瀬へ(1日目) >>