尾瀬へ(1日目 その2)

d0016584_1383035.jpg
竜宮小屋に到着、尾瀬ヶ原の3分の2は歩いたことになる
見晴の今日の宿まであと少し




d0016584_13124799.jpg
イチゲの花が小屋の(トイレの)前に
d0016584_1328594.jpg
小休止のあと竜宮小屋を出発
向かいに見える燧ケ岳の麓の山小屋まで
d0016584_13281430.jpg
疎林を出ると燧ケ岳が良く見える
d0016584_13281760.jpg
振り返って林をアップで
木のパターンがちょっと面白かった
d0016584_1328186.jpg
その後ろには至仏山がゆったりと構えている
d0016584_13282677.jpg
だんだんに風が強くなり、(写真では分からないが)枯れた笹の葉や、木が大きく揺れている
d0016584_19333819.jpg
強い風で歩くのが辛かったが何とか見晴十字路の桧枝岐小屋に到着
ビールが美味しい
d0016584_1937023.jpg
小鳥も歓迎?
まだ、時間も早いので平滑ノ滝まで行ってみようかと歩き出す
d0016584_1585058.jpg
木道の上にさっきと同じ小鳥が歩き回っていた
d0016584_3174721.jpg
強風の中、滝が樹林越しに見える所まで行ったのだが、そこから、展望台までは急角度で下りる道
疲れてもいて、戻ってくる気力が無かったので展望台までは行かず折り返す
後から思うと行っておいた方が良かったかなと後悔もあるが、足ガクガクで滑落してもね
d0016584_317587.jpg
d0016584_318117.jpg
登山道の木の根がちょっと面白かったので
d0016584_3283170.jpg
途中の、まだ開いていない山小屋の壁の上の方にスコップ
例年であれば上の方まで雪があるのだろうが、今年は意味のない事に
d0016584_318518.jpg
小屋へ戻る道は向かい木が大きく揺れるような強風で疲れた
d0016584_11441089.jpg
小屋へ戻って夕食
山の中でこんな沢山のおかずで頂けるなんて、昔は考えられなかった

尾瀬では鹿の害が問題になっているが、国立公園内で駆除することが出来ず、公園外で仕留めるという
しかし、そこにも問題があり、この辺りの鹿からは放射性物質が検出され食用に出来ず、猟師さんも無意味に殺すことを嫌がって、なかなか頭数が減らないと、山小屋の主人が言っていた

と、そんな話も聞いて、寝床に入ると、すぐに夢の中へ

続きはこちら

[PR]
by mdl1993 | 2016-05-04 23:51 | 山歩き
<< 尾瀬へ(2日目) 尾瀬へ(1日目 その1) >>