尾瀬へ(2日目)

d0016584_1111113.jpg





d0016584_11114195.jpg
d0016584_11122465.jpg
帰りはどのルートを歩こうかと迷ったが、今年は雪が少ないこともあって尾瀬沼も雪解けが進み問題なく歩けるとの事だったので尾瀬沼へ
d0016584_13204171.jpg

山小屋を出発して雨降る木道を歩く
d0016584_10464473.jpg
木々は春へ向かおうとしている
d0016584_10341749.jpg
昨晩からの強風で倒木もあり
d0016584_10381461.jpg
沢筋は木道上も水が流れるような道
d0016584_1040285.jpg
雨も小降りとなり、晴れてくる気配
d0016584_10495760.jpg
雨に濡れた苔がきれい
d0016584_1042226.jpg

d0016584_1043581.jpg
道沿いの花もきれいに見える
d0016584_10534074.jpg
標高が上がるにつれて残雪の道に
d0016584_10545336.jpg
そんな峠を越えると湿原が見えてくる
d0016584_10593275.jpg
すっかり天気も良くなり
d0016584_10564840.jpg
景色も良いのでしばし休憩
d0016584_1131114.jpg
尾瀬沼へ向かって歩きます
天気も良くなり爽快
d0016584_1141030.jpg
尾瀬沼へ到着
湖畔の休憩所は昨年火事で全焼、土台だけが残り、周りの木道も焦げていました
景色も良いしのんびりしたい所ですが山小屋は再建されるのでしょうか
d0016584_11445695.jpg
快晴で太陽もまぶしいです
d0016584_11473854.jpg
尾瀬ヶ原から眺めていた燧ケ岳は急峻で登るのが大変そうに見えましたが、尾瀬沼から見る燧ケ岳は標高差も少なくすぐに登れそう
湿地帯は春から夏は花がいろいろ咲いてきれいなのだろうな
d0016584_11504246.jpg
湖畔の道は林と池塘が交互に現れる道
d0016584_11574758.jpg
空には鷹?
d0016584_1159694.jpg
d0016584_11592065.jpg
大江湿原にある三本に木が印象的
d0016584_121307.jpg
ここも緑になればきれいなのだろうな
d0016584_1242469.jpg
風が強く、燧ケ岳上を雲が形を変え流れていく
d0016584_1263461.jpg
長蔵小屋に到着
檜皮葺の屋根だったりで歴史を感じる
d0016584_128493.jpg
ここで昼食をとることにする
d0016584_12102277.jpg
昼食後、尾瀬沼をあとにする
燧ケ岳ともお別れ
d0016584_12114958.jpg
残雪の峠道を越え、尾瀬の外へ
植生もごくごく普通の山になってしまう
d0016584_12172576.jpg
d0016584_12174135.jpg
日光白根山が端っこに見える
d0016584_1219680.jpg
道沿いに咲く花も一般的なスミレ
もう尾瀬ではないなと実感
d0016584_122026.jpg
尾瀬は木道だが
d0016584_12212484.jpg
立派な林道へ
d0016584_1223080.jpg
山は芽吹きだしたところ
d0016584_12235927.jpg
立派過ぎる林道をひたすら歩いてバス停まで
結局、バスには間に合わず、車を置いてある駐車場までタクシーで帰ることに
尾瀬沼からの道は一之瀬から大清水までの車も走れる林道を歩くのは少々苦痛
この後は、写真を撮る気も失せ、今回の尾瀬の写真はこれでお終い

尾瀬の中は少し歩くだけで、景色が大きく変わり、なかなか面白い所。
車で行く関係で、群馬側から出入りしているが、会津側から入ると、また面白そう。
機会があれば、いろいろな道を歩いてみたいものだ。
[PR]
by mdl1993 | 2016-05-04 23:58 | 山歩き
<< LEICA DG VARIO-... 尾瀬へ(1日目 その2) >>