Photomatix豪徳寺

明暗差の大きな写真は、今まで明るいところを適正露出にすると暗いところは真っ黒になり、暗いところを適正露出にすると明るいところは真っ白になってしまった
Photomatixというソフトは露出の違った写真を三枚合成する事によってダイナミックレンジが拡大され暗いところから明るいところまで描き出す
今使っているオリンパスのデジタルカメラは撮像素子のサイズが小さい事もあってダイナミックレンジが狭く不満があったがこのソフトを使うとそうした欠点が払拭される
まだ試用なのだが豪徳寺で撮った写真を処理してみた
d0016584_1727429.jpg




合成の処理方法を変えることによってグラフィック的なものから写真的なものまでいろいろ出来る
d0016584_17302797.jpg

こちらは写真に近い感じにしてみた
d0016584_17405826.jpg

門と桜は今までなら撮ることは出来なかった
d0016584_17555650.jpg
ここも赤い屋根の部分は真っ黒になっていた
d0016584_17562027.jpg
日差しが強く普通なら屋根の下まで写真に描き出す事は出来ない
d0016584_17582454.jpg

ダイナミックな写真が撮れそうな予感

今年コンパクトカメラでは撮像素子の改良で同時にオーバーとアンダーを露出するものや、高速連写で合成するものが出てきている
一眼レフのような素子の大きなものでもカメラで出来るようになるとデジタル写真は面白いものになるだろう
また、メーカーはそうしたものを出してくるのだろう
[PR]
by mdl1993 | 2009-04-03 18:02 | 豪徳寺
<< お花見 ちょっと疲れて >>