動態予測フォーカスの効き目を試す

オリンパスE-M1はなかなか良いカメラだと思うが、動き物に対しては、ニコンキヤノンの一眼レフにはかなわない。カメラのセッティングも含めて、どの程度使えるものか試してみたのだが、意外と良く。一定速度で動くものならば問題ないかと思う。
2014.11.6
d0016584_1928989.jpg
動態予測フォーカスで連写。これが1コマ目




d0016584_19303658.jpg
2コマ目
d0016584_1930571.jpg
3コマ目
別列車
d0016584_1933290.jpg
d0016584_19332117.jpg

フォーカスを一回外してしまうと復帰しにくいのが欠点だが、100キロ程度で走る電車では、ポイントを捉えれば動態予測フォーカスは必要十分かな。
新幹線のような早くて、流線型だったり、塗り分けの無い塗装などで、フォーカスポイントを捉えにくい物は、測距点の少ないこのカメラには難しいかもしれないが…
いつか、新幹線で試してみないと。
このカメラはミラーレスカメラでで撮像素子でとらえた像をEVF(エレクトロニックビューファインダー)で見ながら撮影するので実像を見ることができる一眼レフに比べて表示遅れやブラックアウトの問題等があり、鉄道写真などでは使えないという人もいるが、それほど気にならないような気がするのは気にしなさすぎ?

しかし、京王線の電車って形式ごとに顔がみな違うのが面白い(と思うのは自分だけ?)
[PR]
by mdl1993 | 2014-11-06 23:59 | 鉄道
<< ちょっと高尾山へ 山の紅葉 最高の季節に 木曽駒... >>